シャチハタインクの寿命

  • RSS

最近はシャチハタのインク寿命が非常に改善されており、乾燥対策が押印のシステムにも活かされているのが皆さんでも実感できるはずです。昔ながらのシャチハタは押印後にふたをするというのがオーソドックスな作りになっているかと思いますが、最近は蓋がいらないシャチハタも存在し、インクの持ちも長寿命になっているものが多く出回っています。

また、インクの補充についても簡単に取り換える事ができるカートリッジタイプのも販売されており、昔のように手を汚しながらの作業から解放されるシステムも浸透しつつあります。どうしても乾燥には弱いインクの性質を加味しながら、最大限に効果を発揮するように開発された商品の数々は、あなたの生活にも密着しているかと思いますので、是非ともお手持ちの商品に対する使い勝手の検証と共に、管理面での振り返りも行ってみましょう。

購入してから一度も交換していないけれど、依然としてシャチハタでかすれなく押印できているという人の方が多いのではないかと推測しています。仕事などで利用する機会があるのであれば、交換作業や補充作業を行った経験があるでしょうが、日常生活の中で利用する分には、こうしたメンテナンスがあまりかからないというのも人気に繋がっているのでしょう。

補充するにしても安価で実現できるうえに、最近のシャチハタは交換や補充も見越して使いやすいように設計されているのがほとんどです。日々の進化がこうした点からも伺えるでしょう。

このページの先頭へ