進化を遂げるシャチハタ

  • RSS

日常生活のあらゆる場面に利用する機会のあるシャチハタですが、非常に精巧な作りが成されており、今となっては当たり前のように利用される道具として、世間的にも認識されているかと思いますが、販売当初は画期的なものとして注目されていました。特に、朱肉を必要とせずに押印することができるというのが使い勝手を大きく進歩させ、簡単に済ませる認印などの利用には、広く普及している事が伺えます。

しかし、公的な文書に用いるには、類似した形状の文字が利用されているという観点から使用されないという風潮があります。最近はインクが浸透しやすいように素材に工夫が施されていたり、インクが乾くのを防ぐためのシステムも多く出回っており、現在のシャチハタは、販売当初に比べると、使い勝手の良い商品へと進化を遂げているといえるでしょう。

シャチハタは元々インキ浸透印として世に出回りましたが、創設者のシンボルとして金鯱が描かれた旗にて商標登録を行いました。それが、今のシャチハタという名のルーツにも繋がっており、世間的にインキ浸透印を総じてシャチハタと呼ぶようになっているようです。

認印としての利用が世間的にも浸透している現代では、こうした名の由来についてを知る事はあまりなくなってしまっているかもしれませんが、使い勝手の実感と共に商品の歴史についても少しだけ触れる事ができると、より大きな愛着にも繋がるのではないかと考えます。

このページの先頭へ